2017年5月17日水曜日

コンテンツは少し盛った方がいい

書籍にせよ、ブログにせよ、コンテンツを発信する場合には、少し盛った方がいいです。
「こんなに便利なんだよ」「こんなに凄いんだよ」「こんなに素晴らしいんだよ」…と、言った感じに。

それぞれが配信するコンテンツは、それを読む者から時にはお金を、時には時間を奪っています。
読者から奪う者がある以上、何かお得感がなくては読者の読後感があまりいいものではなくなってしまいます。

結果、その人のコンテンツは読まれなくなるという…。

だからこそ、この盛るということをしなくてはならないのですが、日本人は非常に苦手のようです。
奥ゆかしさが美徳という文化的な側面があるのかもしれません。

でも、実は、この盛るということをした方がいい理由は、他にもあるのです。

コンテンツを発信して、何かを伝えようとしたとき、淡々とした解説のようなコンテンツになることが多くありませんか?

何かを解説しようと思うと、つい目の前にあることをどう伝えるかばかりに気がいってしまって、読者不在の自分本位なコンテンツになることが非常に多くなります。
一生懸命に伝えているつもりでも、伝わらない…。

理由は簡単。

淡々とした解説というのは、よほど困っていない限り、読みたいと思いません。
そもそも、淡々とした解説は面白くないですからね。

で、そこで必要なのが、この盛るということ。

同じ解説をするのでも、端に解説をするのではなく、それをした結果、「こんなに便利なんだよ」「こんなに凄いんだよ」「こんなに素晴らしいんだよ」…となっていると、自然と読者に向いたコンテンツになっていきます。
読者に伝えるべきは、解説ではなく、その結果。
そして、その結果を伝えるための、解説。
そう考えると、どうやって読者にこの魅力を伝えようかを考えるようになり、その淡々とした解説に命が吹き込まれます。

すると、読んでいる方もワクワクしながら読むことができますし、それを読んだ結果、得られるものがあるような気になるわけですから、読後感も満足してもらい、また読んでもらえるようになるということです。

実際、いろいろな書籍を編集してきて思うのは、奥ゆかしい人の原稿ほど淡々としていて面白くない。
読んでいても、やりたいと思わないんですね。
逆に、情報起業家さんの原稿は日本語としての出来はさておき、何だか読んでいてワクワクするんですね。
早くやりたくなるんです。

この違いを考えた時に、もっと盛るということを意識することで面白いコンテンツになる人って、意外に多いんじゃないかなぁ〜と思った次第です。

ただ、盛りすぎると、逆に不快感を与えますし、発信者への不信感が芽生えかねないので、注意しましょう。
何事も適度が大事ということで。

2017年4月19日水曜日

第三者の情報を扱う場合の注意点

多くの人がブログなどのソーシャルメディアで情報発信をしている昨今、参考になる情報もありますし、皆さんに紹介したい情報もあります。
しかし、ほぼ全ての情報には発信者の著作権という権利で守られており、第三者が無闇に扱うことはできません。

ただし、著作権で守られているのは、文芸、学術、芸術、音楽などで表現されているものを差します。
アイデアや手法は、この限りではありません。

まぁ、著作権に関する法律では、いろいろ細かく定められておりますが、基本的に自分の頭で考えて、それを表現する限りは基本的には問題ないと思って構いません。
気になる人は、こちらのサイトをご一読ください。

公益社団法人著作権情報センター
http://www.cric.or.jp/

ただ、悪意はなくても、問題になることがたまにあります。
それが、参考にしてしまった場合と紹介してしまった場合です。

前者の参考にしてしまった場合というのは、あくまでも参考にしただけで、自分の言葉に置き換えて表現されているのであれば、それは著作権外の話しとなります。
ただ、私も実際にありますが、自分しか言っていないノウハウを自分のセミナーに参加した人があたかも自分で考えたノウハウかのようにブログに書かれている場合があります。
これは、法律上、著作権外の話しとなってしまうため、咎めることはできません。
しかし、心情的には決して気持ちのいいものではありません。
このあたりは、それぞれのモラルの問題ということになりますが、「〜と、●●はおっしゃってました。」とか、「●●さんによれば、〜ということみたいです。」のような情報の発信者を紹介しておいてもらいたいものです。
しかも、同じセミナーに参加した人が、その投稿を見かけたら、間違いなく、「こいつ、パクったなぁ〜」と思われますし、その発信者の耳にも入りますからね。

次に後者の紹介してしまった場合というのは、その原文を自分のメディアに掲載したりすることを意味します。
発信者に断りもなく、勝手に発信者の文章を転載することは、著作権に引っ掛かります。
基本的には、発信者の許可を得るようにしてください。
ただし、『引用』という扱いであれば、許可を取らなくてもよいとされております。
では、その『引用』という扱いというのは、どういうことなのかというと、自分が発信する情報にどうしても必要な第三者の情報を取り込むことをいいます。
ただし、『引用』をする場合は、人の著作物を扱うわけですから、以下のような厳重なルールを厳守しなければなりません。

・カギ括弧や囲み、下線などを用いて、引用部分を明確にする(明瞭区分性)
・引用する必然性があり、主従関係を明確にした上で、必要最低限の引用にとどめる(主従関係)
・原文を改ざんすることなく掲載する(同一性保持)
・著作権者名、題名、出所などを明示する(出典元の明示)

著作権とは別ですが、肖像権の扱いも注意しましょう。
肖像権というのは、写真などに映り込んでいる情報から個人を特定できる場合は、その人の許可を取らなければならないというもとです。
ソーシャルメディアの普及により、街中で気軽に写真を撮影して投稿されている人も多いですが、そのバックで映り込んでいる人が特定できる場合、見つかったら訴えられる場合もあるということです。

いずれにしても、これら第三者の情報を扱う場合は、法律云々も大事ではありますが、それよりも、自分の情報を同じように扱われた場合、どう感じるかを考えるようにしてください。
もちろん、違法行為には注意しましょう。

2017年3月21日火曜日

タイトルや見出しの付け方

タイトルや見出しの付け方ですが、実は、タイトルと見出しで違います。
と、いいますのも、タイトルと見出しては意味合いが違うからです。

タイトルは、外からアクセスを呼び込むためのもの。
検索結果であれ、Facebookからであれ、書店であれです。

一方、見出しは、アクセスしたユーザーが読むかどうかを決めるか、どこを読むか決めるかなどに役立てるもの。

まずは、この違いを理解してください。
そして、タイトルと見出しの意味合いが違うわけですから、もちろん付け方も違ってきます。

本当であれば、書籍のタイトルを見てタイトルを考え、目次を見て見出しを考えるといいのですが、それはあくまでも書籍での話し。
ブログなどのタイトルや見出しを考える場合は、それだけではなく、しっかりと読者に認知されるように検索結果での上位表示を意識しなければなりませんし、読者の行動を誘発するために感情を揺さぶらなければなりません。

せっかくなので、ここで書籍とブログの違いを書いておきます。
参考にするのであれば、同じ階層の言い回しを参考にするようにしてください。

書籍タイトル
 └章タイトル
  └節タイトル
   └見出し

ブログタイトル
 └カテゴリー
  └記事タイトル
   └見出し


それだけではなく、私がいつでもお伝えしているタイトルや見出しの付け方をお教えします。

タイトルは、外からアクセスを呼び込むためのものなわけですから、これを読むとどうなれるかといった効果が伝わらなければなりません。
見出しは、読むかどうかを決めるか、どこを読むか決めるかなどに役立てるものなわけですから、ここには何が書かれているのかが書かれていなければなりません。

ただし、それを淡々と書いても読む気にはなりませんので、キャッチコピーのように書くようにしてください。
キャッチコピーのようにというと小難しく考えてしまう人もいますので、反応されやすい言い回しを紹介します。
例えば、「どうやって、」「なぜ、絶対に~」「本気で~」「早く~」「すぐに~」「オススメ」「人気」「比較」「ランキング」「口コミ」「レビュー」「~の方法」「~のやり方」「~したい」「~できない」「~ってなに?」「~教えて?」などです。

もし、検索結果からのアクセスを考えるのであれば、そこにさらにキーワードを二語、三語と盛り込めたら完璧です。

2017年2月20日月曜日

書いた文章の推敲

書いた文章は、必ず、チェックをするようにしてください。
あなたが、どんなに凄い書き手であったとしても、必ず、推敲はするようにしてください。

推敲でチェックするのは、基本的には部分です。

・文章の言い回し
・句読点の位置
・誤字脱字
・表記統一
など

推敲をする場合、オススメなのが音読です。
少し早口で音読をし、句読点では多めに間をとるようにしてください。

学生時代に国語の授業で音読をしたとき、やたらと感情移入をして読む子がいたと思いますが、そういうイメージです。
それを少し早口にすることで、ヘンな言い回しで引っ掛かります。
そして、句読点を多めに間を取ることで、句読点の位置の違和感を解消することができます。

これをできたら、文章を書いた翌日とか、少し時間を空けて行うようにしてください。
文章を書いている時には、いろいろなフレーズが頭に浮かんでいると思いますし、書いた文章を何度も読み返しているはずなので目が慣れてしまっており、新たな気持ちでチェックすることができないのです。
とくに誤字脱字のチェックを行う場合は、一回、リフレッシュした方が見つけやすいので、とくに時間を空けることをオススメいたします。

あとは、表記統一ですね。
表記統一というのは、「サーバ」と「サーバー」を混在させてしまったり、「行う」や「行なう」といった送り仮名が違ったりすることを意味します。表記のゆれとも言いますが…。
これらは、どちらでも構いませんが、どちらからに統一しておいた方が読みやすいですね。
表記統一のチェックは、Wordの機能でもありますので、目でチェックするよりも、Wordの機能を使って、機械的にチェックした方が効率的だと思います。
Wordでチェックする場合、リボンのタグで「校閲」をクリックして、「表記ゆれチェック」をクリックするだけです。

あとは、ブログなどで公開したら、開く度に読むクセ、違和感があったら後回しにはせずにスグに直すクセを付けましょう。

2017年1月17日火曜日

出版を目指すなら、ブログはやっておこう

私は、出版したい人のお手伝いをするのが仕事です。
なので、多くの著者さんの執筆に立ち会います。

そんな中で、自ら出版したいといっておきながら、おもしろい事態に遭遇します。

そのひとつが、「これ以上、書くことがありません」という事態。
これは、書くネタが枯渇したパターンと簡単に説明してしまい文字数が足りないパターンがあります。

書籍というのはだいたい6章から8章立て、そして、一冊10万文字ぐらいというのは、既刊の書籍を読んでいれば、分かることなのに…。

なので、私は、必ず、出版したいと相談してくる人にはブログをやるように薦めています。
ブログをすることで、自分が出版したいと思っていることの棚卸しや新たなネタ出しに有効だからです。
だいたい書籍の1章あたり6〜10節ありますので、章をカテゴリーに見立てて、各カテゴリーに6〜10記事以上投稿されてなければ、出版は難しいということになります。

ただ、自分で思ったことを思い通りに書けるのがブログのいいところでもあります。
でもそうやって好き勝手かいていると、簡単に説明してしまうクセがついてしまうんですね。
そうすると、文章を膨らませるということができなくなってしまうんです。
なので、ただ書くのではなく、自分なりに1記事何文字以上で書くと決めるといいですね。
だいたい書籍の1ページが600〜800文字なので、だいたい1節1200〜3200文字ということになります。
つまり、1記事1200〜3200文字ぐらいで書かなければ、出版は難しいということになります。

ということで、出版を目指すのであれば、出版したいテーマのブログを開設し、そのブログに6〜10のカテゴリーを作り、各カテゴリーに1200〜3200文字ぐらいの記事が6〜10記事以上投稿されている必要があるということです。

出版したい内容をブログにしたら、本が売れないと思われる方も多いですが、そんなことは一切ありませんので、気にせず、ブログを開設してください。

実際に執筆にたちあっていると、出版を意識してブログをやっていたかどうかが、これほどまでに大きく影響するのかと思えるほど違います。
これは、たんに自分の思ったようにブログを運営していたのでは意味がないということです。
運営するのであれば、しっかりと出版を見据えて、多少、自分に厳しいぐらいのルールを決めて、読者の顔を思い浮かべながら運営してくださいね。